競馬A to Z

競走馬を知りましょう

サラブレッドの仔馬は、春から初夏にかけて牧場で生まれます。馬の妊娠は約11か月で、仔馬は生まれてから約1時間で立ち上がります。サラブレッドの年齢は、誕生日にかかわらず翌年の1月1日を迎えると1歳、その翌年の1月1日から2歳です。生後6ヶ月ぐらいで母馬から離乳し、未来の競走馬としての訓練がはじまります。基礎体力をつけるための放牧にはじまり、馬具に慣れさせる訓練から徐々に人を背に載せる調教に移って行きます。
 牧場で競走馬としての基礎を終えると、大規模な調教施設のトレーニング・センターに移ります。ここに入厩した馬たちは調教師に管理され、デビューに向かって本格的な調教を積み、2歳でデビューします(新馬戦は2歳の6月ごろからはじまります)。
 それから馬の脚質や距離適性にあわせてレースに出場します。競馬は性別に分けて走る限定レースもありますが、基本的には牡馬と牝馬が一緒に走って勝負する実力の世界です。牡馬の多くは引退すると繁殖牡馬、良血馬や成績の優秀な牡馬は種牡馬となり、牧場でのんびりとした生活が始まります。

競走馬のことを知りましょう