競馬A to Z

馬券を買ってみよう

馬券は馬番号と枠番号で購入します

パドック レースをより楽しむためにはやっぱり馬券を買いたいものです。馬券は競馬場で買うことができます(競馬場以外でもウインズ(場外馬券売り場)やネット、電話で購入する方法があります)。
 馬券は全部で8種類あります。後ほど紹介しますが、その前にまず「馬番号」と「枠番号」を知っておきましょう。馬券は馬番号と枠番号で購入するからです。
 「馬番号」は、出走馬1頭ずつに付けられた番号のことです(馬が付けているゼッケンが馬番号)。
 「枠番号」は、1枠から8枠までで、出走馬の数によって1つの枠に複数の馬が入ります。枠番号は、騎手のかぶる帽子の色でわかるようになっています。
 馬券はマークシート用紙の「マークカード」を使って購入します。マークカードは緑・青・赤の3種類がありますが、ビギナーには緑のカードがおすすめです。
 それでは次に8種類の馬券について紹介します。


馬券の種類A-馬を1頭選ぶ

馬を一頭選ぶ馬券は2つあります

馬を1頭選ぶ①単勝(たんしょう)
1着になる馬を当てる馬券です。8つの馬券のうち、いちばんわかりやすくビギナー向けともいえます。
※出走する馬が2頭以上の場合で発売されます。

②複勝(ふくしょう)
1着~3着までに入る馬を当てる馬券です。8つの馬券のうち、いちばん当てやすい馬券ですが、その分配当金も少なくなります。これもビギナー向けの馬券といえるでしょう。出走する馬が7頭以下の場合は、2着までが当たりです。
※出走する馬が5頭以上の場合で発売されます。


馬券の種類B-馬を2頭選ぶ

馬を2頭選ぶ③馬連(うまれん)
 1着と2着になる馬の馬番号の組み合わせを当てる馬券です。1着と2着の着順は関係なく、組み合わせが当たっていればOK。組み合わせのなかではわかりやすい馬券です。
※ 出走する馬が3頭以上の場合で発売されます。

④馬単(うまたん)
1着と2着になる馬の馬番号の組み合わせを着順どおりに当てる馬券です。「③馬連」と同じように選んだ2頭が1着・2着になればよいのですが、この馬券は着順どおりでないと当たりになりません。
※ 出走する馬が3頭以上の場合で発売されます。

⑤ワイド
1着から3着までに入る2頭の馬の馬番号の組み合わせを当てる馬券です。1着・2着・3着の着順は関係なく、組み合わせが当たっていればOK。組み合わせ馬券のなかでももっとも当たる確率の高い馬券といわれています。※出走する馬が4頭以上の場合で発売されます。


馬券の種類B-馬を2頭選ぶ

馬を2頭選ぶ⑥3連複(さんれんぷく)
 1着から3着までに入る3頭の馬の馬番号の組み合わせを当てる馬券です。1着・2着・3着の着順は関係なく、組み合わせが当たっていればOK。
※ 出走する馬が4頭以上の場合で発売されます。

⑦3連単(さんれんたん)
1着から3着までに入る3頭の馬の馬番号の組み合わせを着順どおり当てる馬券です。「⑥3連複」と同じように選んだ3頭が1着・2着・3着になればよいのですが、この馬券は着順どおりでないと当たりになりません。8つの馬券のなかでいちばん予想がむずかしい馬券といわれています。
※出走する馬が4頭以上の場合で発売されます。